iphoneケースを選ぶ

目的で考えるiphoneケースの選び方

国内でシェアアンバーワンのスマートフォンだけあって、さまざまなメーカーやブランドからiphoneケースが発売されており、あまりに種類が多すぎてどれを選べばよいかわからないという人も多いのではないでしょうか?

ボディに小さな傷もつけたくない人に向いているケース

iphoneケース選びで迷ったときは、初心に立ち返って、いったい何のためにiphoneケースを使用するのかを考えてみましょう。もっとも多いのがボディや液晶ガラスを傷から守りたいというものです。特に、ボディの大部分がアルミ合金で作られたiPhoneの美しさをできるだけ長くキープしたいという理由で、iphoneケースを購入する人が多くなっています。傷のつきにくさを重視してiphoneケースを選ぶなら、手帳型のiphoneケースが有力候補となります。手帳型のiphoneケースは、背面がすべて手帳の背表紙でカバーされているため、誤って落下させてしまわないかぎり、使用中にボディに傷がつく可能性はほとんどありません。

コスパにこだわりたい人向きのケース

とにかく、10円でも安いiphoneケースがよいという人には、ソフトケースあるいはハードケースが候補となるでしょう。このタイプの商品として、透明や白、黒などシンプルな色使いのものから、色とりどりな派手なものまで、さまざまなiphoneケースが発売されています。しかも、家電量販店や携帯ショップなどでは、実売価格1000円ほどで販売されており、お財布に優しいのも魅力です。また、100円ショップでも買うことができるほど、入手性に優れており、まさにiphoneケースの定番と言えるでしょう。
ポリカーボネートなどの表面が固い素材で使用されているものやシリコンなどの柔らかい素材で作られたものがあり、傷を防止したり、落下の衝撃を少し和らげてくれるなどの効果も期待できます。

質感を楽しみたい方に向いているバンパータイプ

iphone本体の素材感や美し質感を味わうことを重視する人には、バンパータイプのiphoneケースが人気です。バンパータイプのiphoneケースは、自動車のバンパーのように、物に接触しやすいスマートフォンの側面だけを保護するように作られています。そのため、本体がカバーされないのでiPhoneの魅力の一つであるボディの素材感が失われないようになっています。バンパーの素材も軽くて丈夫な樹脂製やiphone本体と同じアルミ削り出しなどさまざまな種類があり、好みのものが選べます。
バンパータイプのiphoneケースなら、装着してもサイズが大きくならないので、持ち運ぶときにストレスを感じることもなくなります。また、落下時の衝撃吸収性も高く、万が一落としてしまっても、ほとんど傷がつかないこともあります。

多段テーブルはガラス天板と木製天板を取り揃えております。 ネット什器を使ってさまざまな商品ディスプレイが可能です。 シェルフラックはスチール製から木製までをご用意しております。 ギフトバック、ギフトボックス、ラッピング用品も豊富に取り揃えております。回転タイプのネットディスプレイ小スペースにも便利。 壁面用フィッティングルームは取り付けも簡単でおすすめです。 iphoneケースの通販サイト